この用語解説は、本文の説明のために付しました。
一部、加筆したところはありますが、内容はほとんど『表具−和の文化的遺伝子』からの抜粋です。
表具関連の符丁、用語はここに紹介したものの他に、まだまだ多くあります。
もう少し詳しくお知りになりたい方、また表具にご興味のある方は、
『表具−和の文化的遺伝子』をファックスかお電話にて、当社へお申し込み下さい。メールでも結構です。
本書は、まだ多少の在庫がございます。

ア行カ行サ行タ行ナ行ハ行マ行ヤ行ラ行ワ行

  用語 読み 解説
ア行 アール アール radius(=半径)の頭文字。丸みを表すときの符丁。
浅葱 アサギ 藍染による色目の一つの呼称。薄いネギの葉の色の意で、緑がかった薄い藍色をいう。
衣裳屏風 イショウビョウブ 衣裳をそのまま裏打し、これを絵に描いた衣桁へ、あたかも掛けたように押して仕上げた屏風。今日では、単に衣裳を貼った屏風もこう呼ぶことがある。なお、よく混同されるものに「誰ヶ袖屏風(タガソデビョウブ)」がある。これは『新潮世界美術事典』によると「華やかな衣裳を衣桁に掛け並べた図の屏風」であり、「近世初期風俗画の一画題として江戸初期に流行した」ものである。そして、古今集の「色よりも香こそあはれとおもほゆれたが袖ふれし宿の梅ぞも」という古歌の意をくんで図にしたものといわれる。
一文字 イチモンジ 本紙の上下に付ける、あるいは様式によっては本紙を取り巻くように付ける部材の部位名。なお、本紙を取り巻くものを特に「一文字廻(イチモンジマワシ)」という。
一文字風帯 イチモンジフウタイ 垂風帯(サゲフウタイ)の様式の一。表裂を一文字裂と同じ表具地でつくり、裏裂には一般に天地裂と同じものを用いて作ったもの。略して「一風(イップウ)」と呼ぶことがある。
伊予簾 イヨスダレ 本来の伊予簾とは小石畳文と宝尽し文を裏組織で表した経縞物を指し、これは小堀遠州が命銘した「伊予簾」という茶入の仕覆に添えられたことが名称の由来。表具専用裂としての伊予簾は、これを模作した正絹縞物をいう。
入れ子 イレコ 透明ダストカバーと中縁が接しないようにするのが目的の、小さい縁。入れ子は通常、中縁と共(同じ表具地、あるいは塗装)にする。これを特に「共入子」と呼ぶ。なお、入れ子の中でも断面形状が1/4円形になっているものを、特に「雲桟」と呼ぶことがある。また、油彩画用の入れ子はオイルライナーと呼ぶこともある。→スペイサー
浮かし張り ウカシバリ 画仙紙など和的な額装本紙に洋風の演出を与えるためのテクニック。目線高に掛ける洋間では、平面的な面一額装では映えにくいことから。浮かし張りは一般に、パネル等の腰高の台へ本紙を張り、これを縁貼下地に取り付けた、すなわち本紙が縁よりも前面へ位置する立体的な仕様をいう。なお、額装に限らず表具品における立体仕様はそれまでの日本になかった感性から生じたものであり、また浮かし張りは本紙と縁が一体化することから、和的作品の洋室への擦り合わせには好適である。なお、こうした浮かし張り仕様は、陶板や木口を処理した漆芸作品、あるいは四角形でない変形本紙の額装にも適している。
浮け張り ウケバリ 多くは手漉きの、薄い紙の四方にのみ糊を付け、対称面を覆い隠すように張りくるむ下貼の最終工程。襖・屏風・和額などに施す。浮け張りは上貼と下地を離す、すなわち浮かすことにより、下地の粗を目立たせないという主に鑑賞上の目的を持つ。単に「浮け」ともいい、「泛け張り」と書くこともある。浮け張りは袋状になることから、関東では「袋張り」ともいい、2回行うときは1回目を「下袋」、2回目を「上袋」と呼ぶこともある。なお、関西では前者を「一浮け」、後者を「二浮け」と呼ぶことが普通。
裏板 ウライタ 額の裏側を保護するもの。多くはベニヤ板など合板を使用する。「バックボード」ともいうが、埃や虫の侵入を防ぐ機能からダストカバーとも呼ばれることがある。
雲母 ウンモ 岩絵の具の一種。キラ、あるいはキララと呼ばれ、透明または半透明の白雲母を砕いてつくられる白色(銀灰色)顔料。半透明であることから白い絵具としての効果は小さいが、他のどの顔料ともよく混ざり、混和させると元の色に柔らかさや真珠のような光沢を付与することができる。このような性質を利用し、日本画の顔料としてだけでなく、揉紙(モミガミ)や唐紙(カラカミ)の顔料として用いられる。
大縁 オオベリ 一般に屏風装で、本紙と椽(フチ)の間に装飾として貼るものであり、手当りに対する保護をも兼ねるもの。他に屏風縁には小縁(コベリ)があるが、これは大縁と本紙との間に貼る細い表具地で、装飾以外に目的のない縁を指す。
押す オス “押す”には、そもそも“物にはりつける”という意があるが、表具、ならびに関連業界では、小さい面積のものを大きな面積のものへ貼るときに多く“押す”と表現する。「金箔を押す」、「色紙を押す」、「押絵(オシエ)」などと用いる。

ア行カ行サ行タ行ナ行ハ行マ行ヤ行ラ行ワ行

このページを閉じる